キャラクター、デザイナートイ、輸入おもちゃがいっぱい!
お子様が「キャッ♪」と喜ぶおもちゃが見つかります!

キャラクター・デザイナートイToy Agree

おもちゃの修理

おもちゃが壊れた時、あなたはどうしますか?新しいおもちゃを買いますか?それとも修理に出すことを考えますか?そんな時、ぜひ思い出して欲しいのが「おもちゃ病院」です。ボランティアの「おもちゃドクター」が無料で修理してくれるシステムで、全国に300カ所以上あります。

最近のおもちゃは修理をしようにも、電子化が進み、修理に高度な専門知識が必要で、壊れても直しにくく、また残念ながら直らないこともあります。しかしそのような時でも、すぐに捨てるのではなく、一旦おもちゃを修理に出すことでおもちゃを大切に思う心が育つのではないでしょうか。

おもちゃの修理をする「おもちゃ病院」とは、どのような場所なのでしょうか?壊れたおもちゃを持っていくと、病院のように先生が白衣を着て、おもちゃを診察します。あまりに損傷が激しい場合は「入院」という形で預ってもらい、後日返ってくるようになっています。

おもちゃを修理するおもちゃ病院では、全てのおもちゃが修理できるわけではありません。修理が出来るおもちゃは、電池で動くおもちゃ、ぬいぐるみ、木製のおもちゃ、本などです。修理できないのは電子ゲーム類やモデルガンで、基本的に受け付けていないことが多いようです。

おもちゃを修理する「おもちゃ病院」が開設された理由は、気に入っているおもちゃでも、販売店も修理には消極的なため、結局は捨てざるを得ない現状です。そのせいか、また、子供がものを大切にする心が育ちにくく、それを回避させるべくおもちゃの修理ができるおもちゃ病院が作られました。

おもちゃ病院に修理してほしいおもちゃを持ち込む場合、そのおもちゃに付属している部品や箱などがあれば、全て一緒に持ち込んだ方が、より正確に、早く修理できることもあるそうです。また、基本的には無料ですが、部品代として300円程度は必要な場合もあります。

おもちゃを修理する「おもちゃ病院」は開業している曜日、時間も様々です。近所の「おもちゃ病院」や開業日等が分からない場合、「おもちゃ病院連絡協議会」のHPをチェックしてみましょう。「おもちゃ病院」を利用することで、子どもは物を大切にする気持ちを持ち続けることでしょう。

また、おもちゃを修理するおもちゃボランティア(おもちゃドクター)も随時募集しています。機械いじりや修理などが好きな方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?こういった活動に積極的に参加することで、自分の特技や能力を社会貢献に役立てられるのではないでしょうか。

Google

おもちゃ王国について

おもちゃ王国とは、全国各地にあるおもちゃのテーマパークのことで、子どもが、いろいろなおもちゃを見て、触れて、体験できるようになっています。このおもちゃ王国の大きな特長としては、園内にはおもちゃに関係するパビリオンが点在しており、全て無料で遊べるという点です。

おもちゃ王国には、オリジナルキャラクターとしてシーゲルン1世という王様や、フランス人形のハート姫、うさぎのぬいぐるみのピンキー、おもちゃの兵隊の青のブレイブ、赤のテンダー、マスコットのミドリンなどやさしい王様とゆかいな仲間が子どもたちを待っています。

おもちゃ王国が目指すテーマは、その名の通り、「世界のあらゆるおもちゃを揃えた、『おもちゃの博物館』を兼ねた遊園地です。そのことから、昔懐かしいおもちゃから、最新のおもちゃまで数多くそろえ、老若男女問わず楽しむことができる作りになっているのです。

また、おもちゃ王国は、各地のイベントにもおもちゃを提供し、ブロック教室や移動パビリオンなどで多くの子どもたちを楽しませています。大学の教育学部との共同研究なども積極的に行っており、また、おもちゃを通して心豊かな社会作りの一助となるべく子どもたちの育成にも協力しています。

手作りおもちゃ

今のおもちゃは、自分で工夫をしなくても簡単に遊ぶことができますが、昔はおもちゃも殆どが手作りでした。手軽に遊べる今のおもちゃもいいですが、時にはこう言ったおもちゃを作ってみてはいかがでしょうか?モノの構造やしくみも分かり、市販のおもちゃで遊ぶ際にいいヒントになるかもしれません。

手作りのおもちゃの利点は、いくつかあります。もう捨ててしまうような廃材を利用できるので、費用もかかりません。また、子どもは、目の前で親が自分のために作ってくれることが嬉しかったり、また自分も参加して作ることが大好きで、子どもの情操教育にもつながっています。

手作りおもちゃで使う材料の中でも、赤ちゃんや小さな子どものために、布で作った手作りおもちゃもオススメです。家にあるちょっとした布切れや、もう捨てるだけの古着が利用できますし、何よりも布は子どもが手に握ったり口にくわえたりしても安心して遊ばせることができます。

最後に、家庭で手作りおもちゃを作る上で特に大切なことは、お母さんと子どもが一緒になって試行錯誤しながら作ることです。失敗するからと言って全部大人が先回りしてやってしまうのではなく、例え失敗しても子どもに自分の手で挑戦させることが大切なのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。